HOME > WhiskyTweet > 101-200 WhiskyTweet/ウイスキーティザーツイート

モルトウイスキー

シングルモルト

ウイスキーツイート TWitter

#whiskyjp
TweetNO.101 - 200

世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

101 新樽は、スピリッツを入れる前に内側を火で焦がすことになっている。  【ウイスキーツイート】

102 樽を焦がす工程はチャーまたはトーストと呼ばれる。   【ウイスキーツイート】

103 バーボンの熟成工程は、総じて活動性が高くアグレッシブであり、あまり時間がかからない。

104 気温が極端に変化すれば、スピリッツが膨張・収縮する速度は速くなるので、熟成樽の中で液体が盛んに循環し、樽材成分との接触をまんべんなく繰り返すことになる。 【ウイスキーツイート】

105 バーボンは、スコットランドのモルト・ウイスキーよりかなり速く熟成する。 【ウイスキーツイート】

106 アメリカの法律で定められた最低2年というバーボンの熟成期間。  【ウイスキーツイート】

107 アルコール度数が低くなりがちなスコッチ・ウイスキーはしばしば熟成後に色付けをする必要が生じるが、バーボンの多くは何も加えなくて良い。

108 スコットランドのモルト・ウイスキーは、文化、歴史、政治、経済が互いに影響し合って完成されたものである。  【ウイスキー ツイート】

109 長期間樽熟成をすれば、スピリッツの風味は増す。しかし一定のタイミングを過ぎると、樽材がもうそれ以上スピリッツの熟成に寄与しなくなり、むしろその精妙な味わいを圧倒してマイナスの影響を及ぼしはじめる。 【ウイスキー ツイート】

110 ウイスキーは、シェリー樽で熟成させると、すぐに濃い赤茶色に変わるし、バーボン樽で熟成させると、こっくりとした黄色になる。  【ウイスキー ツイート】

111 個々の樽の性質によっても、スピリッツが受ける影響には強弱ができる。 【ウイスキーツイート】

112 25年もののモルトに12年もののウイスキーが1滴混じっただけで、そのボトルは12年ものということになる。 【ウイスキーツイート】

113 年数表示がないウイスキーもあるが、それが必ずしも低品質であるとはかぎらない。 【ウイスキーツイート】

114 人工的な処理を施さないウイスキーは、低温になると液体に含まれる脂肪分が凝固するため白濁する。 【ウイスキーツイート】

115 「ノン・チル・フィルタード(ノン・チル)」とは、低温ろ過処理を施さないことを意味。  【ウイスキーツイート】

116 ウイスキーは、穀物と酵母と水から造られるシンプルなアルコール飲料。 【ウイスキーツイート】

117 実質的にはビールを蒸溜しただけの、小作農民や平民向けの飲み物。 【ウイスキーツイート】 

118 ウイスキーのテイスティングなど高度数のアルコールに注意が必要。 【ウイスキーツイート】 

119 加水しないウイスキーを鼻に近づけて香りを嗅ぐときは、注意が必要だ。 【ウイスキーツイート】 

120 グレンケアンのウイスキー・グラスの形状は、ノージングに最適だ。 【ウイスキーツイート】

121 ウイスキー通は、ウイスキーには水を加えるべきでないと言うことがある 【ウイスキーツイート】 

122 彼らには、ウイスキー業界自体が現在は加水を行っていることを指摘したい。 【ウイスキーツイート】

123 樽出しのニュー・スピリッツは、アルコール度数が60%台後半から70%台前半である。

124 スピリッツのアルコール度数を63%前後に調整する。熟成が終了すると、このウイスキーのアルコール度数は55~65%程度になる。 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

125 ウイスキーのアルコール度数の標準規格は40%、43%、あるいは46%なので、再度加水し、アルコール度数を下げてからボトリング(瓶詰)するのである。 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

126 ブレンダーは、サンプルを味わうときにアルコール度数を20%にまで落とす。ウイスキーを心地よく味わいたいなら、加水が欠かせない。 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

127 ウイスキーは強いので、飲み込む方法だと味覚がすぐに効かなくなり、3~4種類のサンプルをテイスティングしたら、それ以上は続けられない。 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

128 ウイスキーの外観からスタートして、香り、フレーバー、そしてフィニッシュを心ゆくまで楽しむことができる。 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

129 ウイスキーはワインではないが、さまざまなフレーバーを探し当てることができると、ウイスキーを味わう楽しみが増す。好みのフレーバーが分かってくれば、なおさらだ 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

130 テイスティングとノージングのスキルを向上させるためには、もっとも大きくて基本的なカテゴリーからスタートするのが、おそらく一番簡単だ。 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

131 ピーティ/スモーキー(燻製香)の有無。【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

132 甘口または辛口。ウイスキーでは、甘さと辛さが同居することもあり得るが、多くのウイスキーは確実にどちらかのカテゴリーに分類される。 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

133 アルコールは何千年もの間、人間社会の中で重要かつ建設的な役割を果たしてきた。 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

134 戦争の際は、出陣前に戦士たちの士気を高めたり、敗者が悲しみを紛らわしたり、勝者が勝利を祝ったりする目的で、アルコールが振る舞われた。 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

135 ウイスキーをめぐる文化は成長した。現在は、さまざまな飲み方に合わせてさまざまなグラスを使い分ける時代だ。 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

36 シングル・モルト・ウイスキー:酵母と水と大麦麦芽だけを原料とし、単一の蒸溜所のみで造られたウイスキーのこと。 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

137 シングルモルト:リーダー的存在はスコットランドだが、アメリカ、日本、オーストラリア、南アフリカ、ヨーロッパ諸国など、産地は世界各地にある。 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

138 グレーンウイスキー:大麦麦芽だけでなく、小麦、コーン、未発芽大麦、ライ麦など、他の単数または複数の穀物を原料とするウイスキー。 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

139 ブレンデッド・ウイスキー:複数の蒸溜所で造られたシングル・モルトを組み合わせ、グレーン・ウイスキーを混合 した製品。  【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

140 ヴァッテッド・モルトウイスキー:複数の蒸溜所で造られたモルト・ウイスキーを混合した製品。  【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

141 グレンフィディック、バルヴェニー、キニンヴィのシングル・モルトを混合したモンキー・ショルダーや、ジョニー・ウォーカー緑ラベルなどが代表的。 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

142 アイリッシュ・ウイスキー :ポット・スチル・ウイスキー  【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

143 アイリッシュ・ウイスキー : アイリッシュ・ブレンデッド・ウイスキー 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

144 大量に生産されているアイリッシュ・ウイスキーであり、通常はポット・スチル・ウイスキーとグレーン・ウイスキーを混合して造る。【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

145 アメリカン・ウイスキー: バーボン/アメリカ合衆国で造られるウイスキー。【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

146 アメリカン・ウイスキー/バーボン :穀物原料にコーンを51%以上使用することが義務付けられているが、実際はコーンの割合がこれよりかなり高いことが多い。バーボンの製法はかなり厳密に規定されており、熟成にはオークの新樽を使わなければならない。

147 アメリカン・ウイスキー/テネシー・ウイスキー :バーボンと同様の製法にしたがい、テネシー州で製造されるウイスキー。

148 アメリカン・ウイスキー/ライ・ウイスキー : バーボンと同様の製法で造られるウイスキーだが、グリストの中にライ麦を51%以上含むことが条件となる。

149 アメリカン・ウイスキー/ウィート・ウイスキー : バーボンと同様の製法にしたがい、穀物原料に51%以上の小麦を使って造られるウイスキー。

150 アメリカン・ウイスキー/コーン・ウイスキー :80%以上のコーンを原料とするウイスキー。熟成期間に関する規定はなく、長いものでも通常はわずか6ヶ月程度である。

151 カナディアン・ライという名称は、カナディアン・ウイスキーらしい香り、味、特徴を持つほぼすべてのウイスキーに使われており、穀物原料にどの程度のライ麦が含まれているかは問われない。 【ウイスキーツイート】

152 カナディアン・ウイスキーにはさまざまなウイスキーが混合されることが多く、ライ麦の使用比率が低いからである。さらにこのウイスキーは、少量であればまったく別種の飲料を混合して良いとされており、バーボンや果汁など加えられることがある。【ウイスキーツイート】 

153 ウイスキーと食べ物のマッチングという発想は、ある種の人々には嫌がられるかもしれない。 【ウイスキーツイート】 

154 特に伝統を重んじる人は、眉をひそめるだろう。しかしそれではもったいない。 【ウイスキーツイート】

155 ビールと食べ物の組み合わせとなると、一般には受け容れられなかった時代が長く、ビール業界の人々の献身的な尽力により広く浸透したのはごく最近だ。 【ウイスキーツイート】 

156 チーズに含まれる乳脂肪分には、ワインやブランデーよりビールやウイスキーの方が無理なく馴染む。シーフードも、ウイスキーと相性の良いパートナーだ。 【ウイスキーツイート】

157 近年は、ウイスキーを食卓に並べようという意欲的な試みが見受けられるようになり、6品のコース料理に6種のウイスキーを合わせた素晴らしいディナーが提案されたりしている。この試みは、次のような事実を教えてくれる。 【ウイスキーツイート】

158 ラガヴーリンとロックフォール。 【ウイスキーツイート】 

159 グレン・エルギンとチェダー。  【ウイスキーツイート】

160 ブルイックラディとシュリンプ。   【ウイスキーツイート】

161 コクがありフルーティなスペイサイド・ウイスキーにはフォアグラ。  【ウイスキーツイート

162 スパイシーまたはピーティなウイスキー にはホタテのソテー。 【ウイスキーツイート】

163 フルーティなスペイサイド・ウイスキー のは春巻。 【ウイスキーツイート】

164 華やかでスイートなハイランド・ウイスキー にはデザート(チョコレート)。  【ウイスキーツイート】

165 古典的なウイスキー・カクテル。  【ウイスキーツイート】

166 18世紀にハイランドで製造されたモルト・ウイスキーはかなり味が悪く、それを隠すために人々はありとあらゆる材料(ミント、ハチミツ、ヒースなど)を追加した。 ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろ

167 一説によれば、そういったレシピのひとつであったドランブイ。世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

168 バーテンダーにとってウイスキーは、登山家にとってのエベレスト山のようなものだ。究極のチャレンジなのである。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

169 21世紀初頭に開催された「ウイスキー・マガジン」主催のカクテル競技会では、優れたカクテルに2つの種類があることが明らかになった。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

170 750種のウイスキー・リストの中には、古典的なブレンデッド・ウイスキーもあれば、特別な樽で仕上げ熟成を行ったウイスキーもある。そういった個々の銘柄の特徴が一目でわかるよう、テイスティング・ノートにはアイコンを付記した

171 ウイスキーのラベルに記載される情報については、国ごとに規定がある。一般に、ラベルに表記される年数は、ブレンドされたすべてのウイスキーのうちもっとも若いものの年数を表す。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

172 ウイスキーに関しては、すべてがスコットランドではじまりスコットランドで終わる。 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう。

173 極上のウイスキーを探し求めて世界各地を旅すれば、ケンタッキー、アイルランド、あるいは日本など、さまざまな土地でたくさんの素晴らしいウイスキーに出会うことができるし、中には多くのスコッチ・ウイスキーより美味しいウイスキーもある。 【ウイスキーツイート】

174 スコットランドはウイスキーのふるさとであり、すべてのウイスキー愛好家が最後に戻る場所だ。 【ウイスキーツイート】

175 スコッチ・ウイスキーの中には、オークニー諸島など、国土の最端地で造られるものも少なくない。オークニー諸島は、絶え間なく強風が吹き荒れる土地である。 【ウイスキーツイート】 

176 シングル・モルトは現在、多数の国々で生産されているが、スコットランド産の上質モルトにはやはり敵わない。 【ウイスキーツイート】

177 スコッチ・モルト・ウイスキーは、ミステリーとロマンスに包まれている。【ウイスキーツイート】 

178 新しくウイスキー造りに参入した国々の成長も著しい。 【ウイスキーツイート】 

179 アバフェルディ蒸溜所の脇を車で走り抜け、通りをさらに進むと、小高い丘の上にレンタル・コテージが建ち並ぶのが見える。 【ウイスキーツイート】

180 スコットランドのモルト・ウイスキー蒸溜所が提供するすべてのツアーの中でも、アベラワーのツアーは最高だ。 【ウイスキーツイート】 

181 ザ・グレンリベットトは、大きなビジターセンターを構え、密造酒時代の歴史を踏まえて、グレンリベットならではの体験を提供する。 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう。

182 ストラスアイラ蒸溜所は、シーバス・リーガルの主要モルトという位置付けを前面に打ち出している。 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう。

183 アベラワー10年43% 古典的なスペイサイドもの。グリーン系フルーツの要素が強調されている。引き締まって新鮮で独特な風味の奥に、トレードマークのミントと、熟成に使われたバーボン樽およびシェリー樽の両成分がほのかに香る 【ウイスキーツイート】

184 ウイスキーを飲むための最高の瞬間はいくつかあるだろうが、これもそのひとつではないだろうか?カスク・ストレングスのアードベッグを飲む瞬間だ。 【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう。

185 アードベッグ10年46%。現在の蒸留所は1997年に操業を再開したため、新しいスピリッツのみを熟成させたスタンダードな10年ものが初めて発売されたのは、ほんの数年前に過ぎない。【ウイスキーツイート】世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

186 アードモア蒸溜所:スペイサイドの南側、ハイランドに建つこの蒸留所は、大量のモルトを生産している。この地域の蒸溜所はほとんどが生産規模を縮小しており、設備をフル稼働している蒸溜所は一部しかないが、アードモアは後者だ。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう。

187 ザ・グレンリベットやグレンフィディックよりもチャレンジ性のある仕上がりなので、現実的なことを言えば、おそらくそれらの銘柄ほど広く一般に浸透することはないだろう。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう。

188 アードモア・トラディショナル・カスク 46% 2~3年前、この蒸溜所の前オーナー、アライド社は、ロバート・ヒックスやマイケル・コックラムといったウイスキーの達人たちのチームをスーパーバイザーとし、ひとつの実験に取り組んだ。

189 ビーム社の助力を得て数年前に発売された、アードモア蒸溜所にとって初めてのオフィシャルなシングル・モルトであり、クォーター樽で熟成させた原酒が一部に含まれている。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう。

190 日差しのかけらが、アイラ島の周囲に広がる濃いインクブルーの海面に散らばり、ボートの船首が陸に引き上げられて固定されるころ、アードベッグ蒸溜所の白い壁は風景の中にぽっかりと浮かび上がり、やがて沈んでいく。大波の飛沫が肌を浄化し、五感を鋭く刺激する。

191 ヘブリディーズ諸島のアイラ島に至る道のりは実に美しく、気持ちが明るく弾む。アイラ島南東部のでこぼこした海岸線沿いには、大きな蒸溜所が3つ建っている。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう。

192 これら3つの蒸溜所のうち、もっとも人々に愛されているのは間違いなくアードベッグだろう。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう。

193 12年前に、最終的にアードベッグを買い取って蘇らせたのは、グレンモーレンジ社である。蒸溜所の設備はひどく傷み、ファームハウスのような蒸溜工場や関連施設は荒れ放題で、かなり本格的な修繕を要した。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう。

194 アードベッグ蒸溜所としての規模は小さい。スチルは初留 と再留が1対しかなく、生産高は年間100万リットル余りで、グレンフィディックの10分の1だ。世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう。

195 2012年にエリザベス女王の即位60周年記念行事が執り行われるときは、おそらくアードモア蒸溜所に乗り入れる鉄道が一時的に再開されるのではないだろうか。  世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう。

196  「アードモア蒸溜所を訪ねてくれたのはエリザベス女王だけじゃない。1906年にはスペイン国王アルフォンソ13世が、花嫁と一緒にここを訪ねてきた。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう。

197 ウイスキーそのものも素晴らしい。アードモアは骨太で大地の香りを持つハイランド・モルトであり、ティーチャーズ・ハイランド・クリームの原酒としても重要な役割を担っている。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう。

198 ビーム・グローバル社の傘下に入ってから、アードモアはオリジナル・ブランドを販売する機会を得てかなりの成功を収めている。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう。

199 ティーチャーズの新作は、2011年に全世界に向けて販売される予定だが、それ以降のアードモア蒸溜所のシングル・モルトの開発プランも、すでにいくつかあるという。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう。

200 ハイランドのアードモア蒸溜所は、アバディーンとインヴァネスを結ぶ鉄道線路沿いの、もっとも標高の高い場所にあり、専用の引込み線を持っている。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう。



新樽、スピリッツ、チャー、トースト、バーボン、熟成工程、アグレッシブ、スピリッツ、バーボン、スコットランド、モルト・ウイスキー、最低2年、バーボン、スコッチ・ウイスキー、バーボン、スコットランド、モルト・ウイスキー、文化、歴史、政治、経済、完成、長期間樽熟成、スピリッツ、風味、スピリッツ、熟成、 ウイスキー、シェリー樽、熟成、バーボン樽、黄色、ノン・チル・フィルタード(ノン・チル、低温ろ過処理、ウイスキー、テイスティング、アルコール、グレンケアン、ウイスキー・グラス、ノージング、ウイスキー業界、樽出し、ニュー・スピリッツ、アルコール度数、スピリッツ、アルコール度数、ブレンダー、フレーバー、フィニッシュ、ワイン、ウイスキー、レーバー、テイスティング、ノージング、スキル、ピーティ/スモーキー(燻製香)、甘口、辛口、ウイスキー、シングル・モルト・ウイスキー、:酵母、水、大麦麦芽、原料、蒸溜所、シングルモルト、スコットランド、アメリカ、日本、オーストラリア、南アフリカ、ヨーロッパ諸国、産地、世界、グレーンウイスキー、大麦麦芽、小麦、コーン、未発芽大麦、ライ麦、、ブレンデッド・ウイスキー、蒸溜所で、シングル・モルト、グレーン・ウイスキー、ヴァッテッド・モルトウイスキー、グレンフィディック、バルヴェニー、キニンヴィ、シングル・モルト、モンキー・ショルダー、ジョニー・ウォーカー緑ラベル、アイリッシュ・ウイスキー 、ポット・スチル・ウイスキー、アイリッシュ・ウイスキー 、アイリッシュ・ブレンデッド・ウイスキー 、アイリッシュ・ウイスキー、ポット・スチル・ウイスキー、グレーン・ウイスキー、アメリカン・ウイスキー、バーボン/アメリカ合衆国、バーボン、コーン、オーク、新樽、テネシー・ウイスキー、テネシー州、ライ・ウイスキー、ライ麦、ウィート・ウイスキー、小麦、コーン・ウイスキー、コーン、カナディアン・ライ、カナディアン・ウイスキー、ライ麦、バーボン、ラガヴーリン、ロックフォール、グレン・エルギン、チェダー、ブルイックラディ、シュリンプ、スペイサイド・ウイスキー、フォアグラ、スパイシー、ピーティ、ホタテ、ソテー、春巻、ハイランド・ウイスキー 、デザート、チョコレート、、ハイランドで、モルト・ウイスキー、ドランブイ、バーテンダー、エベレスト山、チャレンジ、ウイスキー・マガジン、テイスティング・ノート、スコットランド、スコットランド、ケンタッキー、アイルランド、日本、スコッチ・ウイスキー、ウイスキー、スコットランド、ウイスキー、ウイスキー愛好家、スコッチ・ウイスキー、オークニー諸島、シングル・モルト、スコットランド産、モルト、スコッチ・モルト・ウイスキー、ミステリー、ロマンスに、アバフェルディ蒸溜所、ザ・グレンリベットト、グレンリベット、ストラスアイラ蒸溜所、シーバス・リーガル、アベラワー10年、スペイサイド、カスク・ストレングス、アードベッグ、アードベッグ10、アードモア蒸溜所、スペイサイド、ハイランド、アードモア、ザ・グレンリベット、グレンフィディック、アライド社、ビーム社、アードモア蒸溜所、シングル・モルト、クォーター樽、ヘブリディーズ諸島、アイラ島、アードベッグ、グレンモーレンジ社、蒸溜所、アードベッグ蒸溜所、スチル、グレンフィディッ、エリザベス女王、即位60周年記念行事、アードモア蒸溜所、エリザベス女王、スペイン国王アルフォンソ13世、花嫁、ティーチャーズ・ハイランド・クリーム、原酒、ビーム・グローバル社、アバディーン、インヴァネス、鉄道線路

ザ・ウイスキー
スコッチ・ウイスキー
世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう
【ウイスキーツイート】

g.PNGグラフィック社
世界のベストウイスキー

スコットランド

アードベッグ蒸溜所
アードモア蒸溜所
アバフェルディ蒸溜所
アベラワー蒸溜所
エドラダワー蒸溜所
オーバン蒸溜所
オーヘントッシャン蒸溜所
オールド・プルトニー蒸溜所
カードゥ蒸溜所
カリラ蒸溜所
キルホーマン蒸溜所
クライヌリッシュ蒸溜所
クラガンモア蒸溜所
グレン・ギリー蒸溜所
グレン・グラント蒸溜所
グレン・マレイ蒸溜所
グレンカダム蒸溜所
グレンキンチー蒸溜所
グレングラッサ蒸溜所
グレンゴイン蒸溜所
グレンタレット蒸溜所
グレンドロナック蒸溜所
グレンファークラス蒸溜所
グレンフィディック蒸溜所
グレンモーレンジ蒸溜所
グレンロセス蒸溜所
ザ・グレンリヴェット蒸溜所
ザ・マッカラン蒸溜所
ジュラ蒸溜所
グレンデュラン蒸溜所
 ・シングルトン 
スキャパ蒸溜所
ストラスアイラ蒸溜所
スプリングバンク蒸溜所
 ・ヘーゼルバーン
 ・ロングロウ
スペイバーン蒸溜所
タムナヴーリン蒸溜所
タリスカー蒸溜所
タリバーディン蒸溜所
ダルウィニー蒸溜所
ダルモア蒸溜所
ディーンストン蒸溜所
トバモリー蒸溜所
トマーティン蒸溜所
トミントール蒸溜所
ノッカンドオ蒸溜所
ノックドゥー蒸溜所
ハイランド パーク蒸溜所
ザ・バルヴェニー蒸溜所
バルブレア蒸溜所
ブナハーブン蒸溜所
ブルイックラディ蒸溜所
ブレア・アソール蒸溜所
ベン・ネヴィス蒸溜所
ベンリアック蒸溜所
ベンローマック蒸溜所
ボウモア蒸溜所
ラガヴーリン蒸溜所
ラフロイグ蒸溜所
ロイヤル・ロッホナガー蒸溜所
URL不明蒸溜所
ブラッドノック
リンクウッド
ポート・エレン
ローズバンク
ロイヤル・ブラックラ
セント・マグデラン
アラン
グレン・オード
モートラック
ダフタウン
タムドゥー
フェッターケアン
トーモア
ブローラ

アイルランド

クーリー蒸溜所
アイリッシュ・ディスティラーズ
タラモア・デュー

アメリカ

ブラウン・フォーマン社
メーカーズ・マーク蒸溜所
トム・ムーア蒸溜所
ワイルド・ターキー蒸溜所