HOME > WhiskyTweet > 501-600 WhiskyTweet/ウイスキーティザーツイート

モルトウイスキー&ブレンデッドウイスキー

バランタイン スコッチウイスキー

ウイスキーツイート TWitter

#whiskyjp
TweetNO.501 - 600

世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

スコットランドの蒸溜所たち

タムナヴーリン,トバモリー,トマーチン,トミントール

501 タムドゥー25年43% オイリーで甘く、プラムの存在感が大きいが、たっぷりとしたオークとスパイスが、ハチミツと甘いフルーツの効果をうまく加減している。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

502 タムナヴーリン蒸溜所はホワイト・マッカイ社を親会社として2007年に操業が再開されたが、2009~2010年の冬の豪雪で深刻な被害をこうむり、現在は修復作業に追われているようだ。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

503 タムナヴーリン12年40% 多くはブレンデッド・ウイスキーの原酒として使われ、オーナーのホワイト・マッカイ社はシングル・モルトの販売にさほど力を入れていないため、流通量は少ない。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

504 トバモリーは、マル島に建つ唯一の蒸溜所である。マル島は、ウミワシとイヌワシを同時に見ることのできる数少ない土地のひとつだが、地元の一部の農民たちはこれらの鳥を追い払おうとする。世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

505 トバモリー10年40% 好き嫌いがはっきり分かれるのはずっしりしたピートの強いウイスキーであり、こういったシンプルでストレートなウイスキーは特に好かれも嫌われもしないと考える人は多いだろう。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

506 トマーティンについて何かが語られる機会は多くないが、最盛期には年間生産量が1,200万リットル余りに達し、スコットランド最大の蒸溜所であった。現在も生産規模はかなり大きいが、そのスピリッツの多くは日本に送られる。  【ウイスキーツイート】

507 トマーティン40年42.9% 香りはたっぷりとして力強く、ミント味のバッテンバーグ・ケーキ(切り口が市松模様のスポンジケーキ)と完熟リンゴ。世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

508 トマーティン1980 47.4% はじめのうちは内気だが、やがてオレンジとレモンの大波が押し寄せて花開く。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

509 グレンリベット蒸溜所の評判が跳ね上がったため、多くの蒸溜所がそれに便乗しようと、名称に「グレンリベット 」という言葉を付け加えたそうだ。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

510 トミントールは今でもラベルに「スペイサイド・グレンリベット」と記載している。もちろんそこには、きちんとした理由がある。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

511 トミントール・ピーティッド 40% ピートは決して控えめではないが、アイラ・モルトほど全開でもない。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

512 簡単に言えば、スモーキーなアイリッシュ・ウイスキー(実在する)またはピーティなブラッドノックである。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

513 トーモアは実に変わった蒸溜所だ。創立からまだ50年余りだが、建設当時オーナーは、最先端の設備を整えるだけでなく、外観も装飾的で華やかなものにしたいと希望し、進んで多額の建設資金を投入した。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

514 トーモア12年40% 口当たりが軽く、控えめで穏やかなシングル・モルト。トフィーの風味に、かすかに麦わらとイエロー系フルーツが加わっている。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

515 タリバーディンは2003年に独立系の共同事業体を新オーナーとして再開された蒸溜所であり、以後多数の製品を発表すると同時に、見学客の受け入れ設備の充実を図り、ウイスキービールなど、ウイスキー以外の製品も開発してきた。  【ウイスキーツイート】

516 タリバーディン1993 40% 香りの成分は限定されており、まるで香水のようなフローラル系のアロマだけである。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

517 シングル・モルトはおそらく、スコッチ・ウイスキーにおけるジョン・マッケンロー、モハメド・アリ、あるいはミートローフ(米のロックシンガー★)である。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

518 シングル・モルトの見出しは個性、多様性、不確定性、刺激だ。他方、ブレンデッドの見出しは信頼性、一貫性、飲みやすさである。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

519 ブレンデッド・ウイスキーは、必ずしも薄味で個性に乏しいとは限らない。実際、最高のブレンデッドはあらゆる点で、最高のシングル・モルトに引けを取らない。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

520 ブレンデッド・ウイスキーを造るためにはグレーン・ウイスキーが必要である。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

521 グレーン・ウイスキーは、シングル・モルト用のスチルとは種類の異なるスチルを使って蒸溜する。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

522 スコッチ・ウイスキーの最後の1種類は、複数の蒸溜所のモルト・ウイスキーを混ぜ合わせた「ヴァッテッド・モルト」である。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

523 「ヴァッテッド・モルト」は「業務用」的な響きが強すぎるという声が、近年は高まっていた。  世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

524 シングル・モルトは単一の蒸溜所作、ヴァッテッド・モルトは複数の蒸溜所から産出されモルトを混ぜ合わせたモルト。しかしイメージが良くないと思ったのだろうか、ピュアモルトという表記をしていた。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

525 モルト・ウイスキー=オールモルト・ウイスキー=ピュアモルト・ウイスキーは同意語。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

526 ヴァッテッド・モルトに代わる名称として、ミックスド・モルト、マリード・モルト、ミングルド・モルト、または単にモルト・ウイスキーなど、いくつかの呼び名が候補に挙がった。  世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

527 何故かスコッチ・ウイスキー・アソシエーションはそれらを取り上げず、ブレンデッド・モルト・ウイスキーという名称を提唱した。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

528 もちろんこれはブレンデッド・ウイスキーとは別のカテゴリーであり、ブレンデッド・モルトにはグレーン・ウイスキーは含まれない。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

529 理解できただろうか?できなくても大丈夫、あなただけではない。皆よくわからないのだ。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

530 アンティクァリー12年 40% プレミアムなスピリッツと酒齢の高いグレーンが混合された逸品。トマーティン蒸溜所が販売するブレンデッドであり、プロデュースは日本の酒造メーカーだ。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

531 アンティクァリー30年 46% このボトルは、ヴィクトリア様式の古い劇場の内装のような、深い青のベルベット張りの箱に入っている。豪華で官能的なデザインだが、時代遅れな野暮ったさと紙一重だ。世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

532 ベイリー・ニコル・ジャーヴィー 40% グレンモーレンジ蒸溜所で造られているブレンデッドで、コストパフォーマンスが高い。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

533 バランタイン30年43% 現代のロック・シーンにおけるポール・マッカートニーのようなウイスキー。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

534 バランタインのマスター・ブレンダー、サンディ・ヒスロップも、このパーティの中にいる。これから彼の最新作、バランタイン36年が初公開されるのだ。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

535 近年は、「マスター・ブレンダー」や「マスター・ディスティラー」という肩書きを持つ人々が、さまざまな企業や蒸溜所で多彩な活動を展開している。彼らの活動が、人々のウイスキーに対する興味を育てている部分も少なくないだろう。 【ウイスキーツイート】

536 バランタインのブレンディングの指揮を取る場面では、クオリティにわずかの妥協もしない。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

537 ベル・オリジナル40% ブレンデッド・ウイスキーの代表的銘柄のひとつであり、確かな由来と歴史を持つことからここに選出したが、正直に言うと、私自身は確信をもってお薦めできるわけではない。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

538 ベン・ネヴィス・ブレンデッド・アット・バース40年40%  「スピリッツ・ビジネス」誌の2009年ウイスキー・マスターズ・アワードで当然のごとくマスターズ・アワードを受賞した、ユニークなウイスキー。  【ウイスキーツイート】

539 ブラック・ボトル40% 断固とした武骨なアイラづくしのブレンデッドであり、アイランド地域の古参の蒸溜所7箇所から原酒を調達している。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

540 ブラック・ブル40年40.2% 言わばモルト・ウイスキーの「グレイテスト・ヒット」集であり、ラインアップはハイランド・パーク、グレンリヴェット、ブナハーブン、スプリングバンク、グレンファークラス、そしてレモンの皮の風味を帯びたタムドゥーだ。

541 ブルー・ハンガー30年 45.6% ベリー・ブラザーズ&ラッド社が扱うブレンデッド・ウイスキーであり、近年は一貫して抜群の品質を保っているが、銘柄名が混乱を招きやすいのが難点だ。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

542 ブキャナン12年40% ブキャナンは、南北アメリカでの販売実績が好調なディアジオ社のプレミアム・ブレンデッド・ウイスキーである。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

543 カトス ・レア・オールド・スコティッシュ 40% カトスとは、ブランド創設者の名字をそのままとった、古い家族経営のブレンデッド・ハウスの銘柄名であり、その歴史は140年ほど溯ることができる。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

544 25年40%シェリーを帯びた濃厚な美味しさのウイスキー。ベイクド・フルーツケーキ、濃厚なカラメル、オーク、スパイスを成分とし、存在感と主張のある風味だが、フィニッシュはゆったりとしてまろやか。世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

545 シーバス・リーガル12年40% 真に偉大なブレンデッド・ウイスキーのひとつ。オーナーはペルノ・リカール社であり、世界規模で豊富に流通している。ストラスアイラやザ・グレンリヴェットなどがメイン原酒 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

546 シーバス・リーガル25年40% 一連の製品群の中で間違いなく最高の逸品だが、その味わいは予想外。不思議なことに、この酒齢にも関わらず、もっとも溌剌として勢いがある。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

547 クラン・キャンベル40度数40% 誕生からまだ4分の1世紀ほどの若いブランドで、オーナーはシーバス社。アベラワーをはじめとするスペイサイド・モルトが核。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

548 クレイモア40% ホワイト&マッカイ社のセカンド・ラインとしてスタンダード品の市場をターゲットにしたウイスキーであり、それを考慮すればなかなかの出来栄え。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

549 コンパス・ボックス・アサイラ・マリッジ40% コンパス・ボックスは、新しい刺激的なウイスキーの世界を築きたいという志のもと、ジョン・グレイサーが10年余り前に創設したブランドであり、以来快進撃を続けている。【ウイスキーツイート】

550 クロフォード40% メジャーな市場ではあまり見かけないブランドなので、おそらく販売元のホワイト&マッカイ社は海外の販路を開拓中と思われる。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

551 カティ・サーク・オリジナル40% その知名度や、ウイスキー・アイコンとしての認知度において、カティ・サークを超えるブランドはなかなか見当たらないが、2010年はカティ・サークにとって重要な転機となった。 【ウイスキーツイート】

552 所有権がエドリントン社(フェイマス・グラウス、ハイランド・パーク、ザ・マッカランのオーナー)に引き渡され、一方でカティ・サークに長く原酒を供給してきたグレンロセスはベリー・ブラザーズ&ラッド社の管理下に置かれたからだ。 【ウイスキーツイート】

553 カティ・サーク25年45.7% 偉大なるブレンデッド・ウイスキーは、どのような高みにまで到達し得るか?それを具現してみせる、古典的なボトル。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

554 デュワーズ12年40% デュワー一族がウイスキー業界にもたらした影響は大きく、特にトミー・デュワーの功績は傑出している。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

555 デュワーズ・シグネチャー 43% アバフェルディ27年をベースにしたブレンデッド。  世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

556 ディンプル12年40% オーナーがディアジオ社になる以前はヘイグ・ディンプルというブランド名で長く輝かしい歴史を築いたプレミアム・ブレンデッド。マーケティング力に優れ、センチメンタルな側面から人々の心を掴む点で群を抜く。【ウイスキーツイート】

557 フェイマス・グラウス40% ハイランド・パークとザ・マッカランのオーナーであるエドリントン社が所有する銘柄。世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

558 ディスティラーやブレンダーには、正式な退職制度はないようだ。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

559 ウイスキー業界は岐路にあり、近年はあらゆる世代の偉大なウイスキー職人たちが、ある者は引退し、ある者は引退の意向を示すに至っている。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

560 フェイマス・グラウス・スコティッシュ・オーク・フィニッシュ44.5% スコットランド産オークで樽熟成されるウイスキーは非常に珍しい。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

561 グランド・マクニッシュ 40% 独特な凝ったデザインのボトルと、40種類もの原酒が混合されているという特徴が印象的。  世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

562 ヘイグ・ゴールド40% 映画「レスラー」のミッキー・ロークのように、華やかな時代が過去のものとなっているブレンデッド・ウイスキー。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

563 ハンキー・バニスター40% 18世紀半ばにハンキーとバニスターの両氏が設立したワイン商をルーツとし、250年を超える驚くべき歴史を持つブランドである。  世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう

564 ハンキー・バニスター40年43.3% 数年前に、ウイスキー業界を広く網羅する有力な組織により世界最高のブレンデッドに選出された実績を持つが、そのボトルはその後すぐに生産終了となり、別バージョンに入れ替わった。 【ウイスキーツイート】

565 アイラ・ミスト12年40% マクダフ・インターナショナル社が取り扱うもうひとつのブレンデッド・ウイスキー。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

566 アイラ・オブ・スカイ21年40% イアン・マクロード(またはマクラウド)社が販売するアイル・オブ・スカイのシリーズ中、もっとも優れたボトル。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

567 J&Bレア40% J&Bはジャステリーニ&ブルックス社のイニシャルだが、同社は現在、ディアジオ社の系列会社となっている。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

568 ジョン・バー40% 元々はディアジオ社の前身であるDCL社が製造したブレンデッドであり、どこを取ってもジョニー・ウォーカー赤ラベルそのもの 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

569 ジョニー・ウォーカー赤ラベル40% 心から離れない記憶というのは面白いものだ。  世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

570 ジョニー・ウォーカー黒ラベル 40% 何年か前、私は雑誌「ウイスキー・マガジン」の編集者として10人のブレンダーに取材をし、ライバル会社のブレンデッド・ウイスキーで好きな銘柄を挙げてもらった。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

571 ジョニー・ウォーカー・ゴールド40% 酒齢18年以上のウイスキーだ。これを飲むと、誰かが「特別なとき」以外は開けない棚の扉を開けて、「欲しいものがあれば好きなだけ持っていきな」と言ってくれているような気持ちになる。 【ウイスキーツイート】

572 ジョニー・ウォーカー・ブルー40% ジャーナリスト兼TVキャスター、ピアーズ・モーガンは、反感を買うことも少なくないようだが、私は彼が好きである。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

573 ザ・ラスト・ドロップ 52% ジョニー・ウォーカーは、これに比べれば買い得品だ。このウイスキーは最低で1,750米ドル の価格がついており、流通量も少ない(名前の通り)。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

574 ローダーズ40% 自らを、必要以上に大きく見せようとすることのないウイスキー。  世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

575 オールド・パー12年43% ジューシーかつフルーティで、バランスの良さにおいては並ぶもののないブレンデッド。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

576 オールド・パー・スーペリア43% ジョニー・キャッシュの最後のアルバム、「アメリカンⅥ:エイント・ノー・グレイヴ」を聴きながら、私はこのウイスキーを飲んだ。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

577 ピッグス・ノーズ40% ピッグス・ノーズは、ホワイト&マッカイ社がシープ・ディップと同時に買い取った銘柄 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

578 ロイヤル・サルート21年40% ペルノ・リカール社が所有するロイヤル・サルートと言えば、最高品質のプレミアム・ウイスキーである。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

579 ロイヤル・サルート・ハンドレッド・カスク・セレクション40% 極めてビッグなブレンデッドが再び出現。どこのモルト蒸溜所に持ち込んでも堂々と張り合える力量を持ち、特に味わいの複雑さでは、大抵のモルトをはるかに凌ぐ。 【ウイスキーツイート】

580 スコティッシュ・リーダー12年40% オーナーはバーン・スチュワート社で、ローダーズと同様、虚勢を張ることのないウイスキー。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

581 サムシング・スペシャル40% これもペルノ・リカール社のブレンデッドだが、プレミアム・ウイスキーの市場を対象とし、地域的には特に南アメリカを狙った製品であり、パッケージ・デザインが印象的。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

582 スチュワーツ・クリーム・オブ・ザ・バーレイ40% 全盛期はおそらく過ぎたが、スコットランドでは、特定の世代のスコッチ愛飲家の間で、今もキングとして君臨する。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

583ティーチャーズ・ハイランド・クリーム40% スコッチ・ウイスキーの古株の巨漢。別の時代からやってきた重厚なブレンデッドで、好き嫌いが分かれるタイプのウイスキーだ。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

584 ティーチャーズ・オリジン42.8% ティーチャーズは長い間、沈黙の巨人だった。アライド社が解体し、最終的にビーム帝国の傘下に入ることが決まったときでさえ、ティーチャーズ自身の声はほとんど聞かれなかった。 【ウイスキーツイート】

585 チェイ・ベッグ・コニッサーズ・ブレンド40% 珍しい魚が釣れた。西海岸のシーバスだ。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

586 VAT69 40% ミディアム・ボディの、たいへん飲みやすいブレンデッドであり、甘いグレーンと粘り気のあるモルトの連携が見事。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

587 ホワイト・ホース40% 口当たりはたっぷりとして分厚く、フルーツ、ハチミツ、スモーク、スパイスの風味を豊かにたたえている。正確に的を射抜く味わいだ。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

588 ホワイト&マッカイ・スペシャル40% これは、万人に好まれるタイプのブレンデッドであり、何の抵抗もなくすっと美味しく飲める。味は、たくさんの熟し過ぎたフルーツ。フィニッシュは、コクがあって甘く、心地よく長い。 【ウイスキーツイート】

589 ホワイト&マッカイ40年 45% あらゆる基準に照らし合わせて、世界最高峰のウイスキー。ウイスキーが提供するべきすべての偉大なる成分が、完璧なバランスで融合している。世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

590 「特定のシングル・モルトの蒸溜所にスポットを当てて、長い歴史の間に現場で起きたさまざまな出来事を書くほうが、ずっと簡単なんだろう。ブレンデッド・ウイスキーについて書くのは、確かに難しいと思う。」世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう【ウイスキーツイート】

591 「ブレンデッド・ウイスキーを造らずに、シングル・モルトだけで商売をしていたら、ウイスキー産業はまだ家内工業だっただろうし、ひとつの産業として成立したかどうかさえ怪しい。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

592 消費者はここ20年ほどで、本や雑誌を通してずいぶん物知りになっている。しかし問題は、そのうちの99パーセントがモルト・ウイスキーをテーマにしていて、その部分の知識ばかり広まっていることだ。世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

593 ブレンデッド・ウイスキーという分野が歩むべき道のりはまだ長い。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

594 「昔は、大量のモルト対少量のグレーンという配合が標準的だった。昔のブレンダーは皆、モルト・ウイスキーのことは十分に理解していたが、グレーン・ウイスキーは比較的新しく、大量に使うことに抵抗があったからだろう。  【ウイスキーツイート】

595 「相違点もある。マリッジの期間を2~3ヶ月ではなく、1年以上設けていることだ。しかし、ハイランドのアードモアの熟成庫は伝統的な土間の倉庫で、そこは昔と同じだ。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

596 「ブレンデッド・ウイスキーの分野で新しいブランドやスタイルが登場するたびにワクワクする。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

597 ウィリアム・グランツ12年 40% ウィリアム・グラント&サンズ社はグレンフィディックとバルヴェニー を所有しており、ブレンデッド・ウイスキーにおける原酒の適切な配合率を熟知している。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

598 ウィリアム・グランツ15年 43% 年数が増えた分、質感が増し、オークの効果が深まっているが、全体的なバランスが完璧で、すべてが正しい位置に納まっている。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

599 ウィリアム・グランツ25年43% 傑作。最初に現れるのは、際立ったシェリーの香りと、体に良さそうな適量のスパイスと、たっぷりしたオークである。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】

600 ウィリアム・グランツ・エール・カスク 40% 英国のビール、イン&ガンを飲んだことはあるだろうか。イン&ガンは、このウイスキーから誕生した。 世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう 【ウイスキーツイート】




タムドゥー、オイリー、プラム、オーク、スパイス、ハチミツ、フルーツ、タムナヴーリン蒸溜所、ホワイト・マッカイ社、タムナヴーリン12年、ブレンデッド・ウイスキー、ホワイト・マッカイ社、シングル・モルト、トバモリー、マル島、蒸溜所、トマーティン、スコットランド最大、蒸溜所であった、グレンリベット蒸溜所、トミントール、スペイサイド・グレンリベット」、 トミントール・ピーティッド、、スモーキー、アイリッシュ・ウイスキー、ピーティ、ブラッドノックである、トーモア、タリバーディン、ジョン・マッケンロー、モハメド・アリ、、ミートローフ、ブレンデッド・ウイスキー、グレーン・ウイスキー、シングル・モルト、スチル、スコッチ・ウイスキー、ヴァッテッド・モルト、シングル・モルト、ヴァッテッド・モルト、モルト・ウイスキー=オールモルト・ウイスキー=ピュアモルト・ウイスキー、ヴァッテッド・モルトに、ミックスド・モルト、マリード・モルト、ミングルド・モルト、モルト・ウイスキー、スコッチ・ウイスキー・アソシエーション、ブレンデッド・モルト・ウイスキー、ブレンデッド・ウイスキー、アンティクァリー、トマーティン蒸溜所、ブレンデッド、プロデュース、日本、酒造メーカー、アンティクァリー30、ヴィクトリア様式、ベルベット、ベイリー・ニコル・ジャーヴィー、グレンモーレンジ蒸溜所、バランタイン30、ポール・マッカートニー、マスター・ブレンダー、サンディ・ヒスロップ、マスター・ブレンダー、マスター・ディスティラー、バランタイン、ブレンディング、ベル・オリジナル、ブレンデッド・ウイスキー、ベン・ネヴィス・ブレンデッド・アット・バース40年、スピリッツ・ビジネス誌、ウイスキー・マスターズ・アワード、ブラック・ボトル、アイラ、ブレンデッド、アイランド地域、ブラック・ブル40年40、ハイランド・パーク、グレンリヴェット、ブナハーブン、スプリングバンク、グレンファークラス、レモン、タムドゥー、ブルー・ハンガー30年、ベリー・ブラザーズ&ラッド社、ブレンデッド・ウイスキー、ブキャナン12年、南北アメリカ、ディアジオ社、プレミアム・ブレンデッド・ウイスキー、カトス ・レア・オールド・スコティッシュ、ブレンデッド・ハウス、シーバス・リーガル12年、ブレンデッド・ウイスキー、ペルノ・リカール社、ストラスアイラ、ザ・グレンリヴェット、シーバス・リーガル25年4、クラン・キャンベル、シーバス社、アベラワー、スペイサイド・モルト、クレイモア、ホワイト&マッカイ社、コンパス・ボックス・アサイラ・マリッジ、 コンパス・ボックス、ジョン・グレイサー、クロフォード、ホワイト&マッカイ社、カティ・サーク・オリジナル、エドリントン社(フェイマス・グラウス、ハイランド・パーク、ザ・マッカランのオーナー)、カティ・サーク、グレンロセスはベリー・ブラザーズ&ラッド社、カティ・サーク25年、ブレンデッド・ウイスキー、デュワーズ12年、デュワー一族、トミー・デュワー、功績は、デュワーズ・シグネチャー、ディンプル12年、ディアジオ社、ヘイグ・ディンプル、プレミアム・ブレンデッド、マーケティング力、センチメンタル、フェイマス・グラウス、ハイランド・パーク、ザ・マッカラン、エドリントン社、ディスティラー、ブレンダー、フェイマス・グラウス・スコティッシュ・オーク・フィニッシュ、スコットランド産オーク、樽熟成、グランド・マクニッシュ 、ヘイグ・ゴールド、ミッキー・ローク、ハンキー・バニスター40、ハンキー・バニスター40年、アイラ・ミスト12年、 マクダフ・インターナショナル社、アイラ・オブ・スカイ21年、イアン・マクロード、アイル・オブ・スカイ、J&Bレア、ジャステリーニ&ブルックス社、ディアジオ社、ジョン・バー、ディアジオ社、DCL社、ブレンデッドであり、ジョニー・ウォーカー赤ラベル、ジョニー・ウォーカー黒ラベル、ジョニー・ウォーカー・ゴールド、ジョニー・ウォーカー・ブルー、ザ・ラスト・ドロップ、1,750米ドル 、ローダーズ、オールド・パー12年、オールド・パー・スーペリア、ピッグス・ノーズ、ホワイト&マッカイ社、シープ・ディップ、ロイヤル・サルート21年、ペルノ・リカール社、ロイヤル・サルートと、プレミアム・ウイスキー、ロイヤル・サルート・ハンドレッド・カスク・セレクション、スコティッシュ・リーダー12年、バーン・スチュワート社、ムシング・スペシャル、プレミアム・ウイスキー、南アメリカ、パッケージ・デザイン、スチュワーツ・クリーム・オブ・ザ・バーレイ、スコットランド、スコッチ愛飲家、キング、ティーチャーズ・ハイランド・クリーム、ティーチャーズ・オリジン、チェイ・ベッグ・コニッサーズ・ブレンド、VAT69、ホワイト・ホース、フルーツ、ハチミツ、スモーク、スパイス、ホワイト&マッカイ・スペシャル、ホワイト&マッカイ40年、マリッジ、ハイランド、アードモア、ウィリアム・グランツ12年 、ウィリアム・グラント&サンズ社、グレンフィディック、バルヴェニー 、ブレンデッド・ウイスキー、ウィリアム・グランツ15年 、バランス、ウィリアム・グランツ25年、シェリー、ウィリアム・グランツ・エール・カスク 、英国、ビール、イン&ガン

ザ・ウイスキー
スコッチ・ウイスキー
世界の銘酒を心ゆくまで飲み語ろう
【ウイスキーツイート】

g.PNGグラフィック社
世界のベストウイスキー

スコットランド

アードベッグ蒸溜所
アードモア蒸溜所
アバフェルディ蒸溜所
アベラワー蒸溜所
エドラダワー蒸溜所
オーバン蒸溜所
オーヘントッシャン蒸溜所
オールド・プルトニー蒸溜所
カードゥ蒸溜所
カリラ蒸溜所
キルホーマン蒸溜所
クライヌリッシュ蒸溜所
クラガンモア蒸溜所
グレン・ギリー蒸溜所
グレン・グラント蒸溜所
グレン・マレイ蒸溜所
グレンカダム蒸溜所
グレンキンチー蒸溜所
グレングラッサ蒸溜所
グレンゴイン蒸溜所
グレンタレット蒸溜所
グレンドロナック蒸溜所
グレンファークラス蒸溜所
グレンフィディック蒸溜所
グレンモーレンジ蒸溜所
グレンロセス蒸溜所
ザ・グレンリヴェット蒸溜所
ザ・マッカラン蒸溜所
ジュラ蒸溜所
グレンデュラン蒸溜所
 ・シングルトン 
スキャパ蒸溜所
ストラスアイラ蒸溜所
スプリングバンク蒸溜所
 ・ヘーゼルバーン
 ・ロングロウ
スペイバーン蒸溜所
タムナヴーリン蒸溜所
タリスカー蒸溜所
タリバーディン蒸溜所
ダルウィニー蒸溜所
ダルモア蒸溜所
ディーンストン蒸溜所
トバモリー蒸溜所
トマーティン蒸溜所
トミントール蒸溜所
ノッカンドオ蒸溜所
ノックドゥー蒸溜所
ハイランド パーク蒸溜所
ザ・バルヴェニー蒸溜所
バルブレア蒸溜所
ブナハーブン蒸溜所
ブルイックラディ蒸溜所
ブレア・アソール蒸溜所
ベン・ネヴィス蒸溜所
ベンリアック蒸溜所
ベンローマック蒸溜所
ボウモア蒸溜所
ラガヴーリン蒸溜所
ラフロイグ蒸溜所
ロイヤル・ロッホナガー蒸溜所
URL不明蒸溜所
ブラッドノック
リンクウッド
ポート・エレン
ローズバンク
ロイヤル・ブラックラ
セント・マグデラン
アラン
グレン・オード
モートラック
ダフタウン
タムドゥー
フェッターケアン
トーモア
ブローラ

アイルランド

クーリー蒸溜所
アイリッシュ・ディスティラーズ
タラモア・デュー

アメリカ

ブラウン・フォーマン社
メーカーズ・マーク蒸溜所
トム・ムーア蒸溜所
ワイルド・ターキー蒸溜所